« 2021年7月 | トップページ

2021年9月

2021年9月18日 (土)

SVBONYの新しいSV191ズームレンズ

以前、SVBONY製のフィールドスコープSV406Pを購入したのですが、それに付属していたズームアイピースがよく見えました。そのズームアイピースがやっと単体で発売になりました。それがSV191、7.2mm-21.6mmのズームアイピースです。同じ型番で別のズームアイピースもあるようですので、混同しないように注意して下さい。早速(?)このSV191ズームを購入しました。写真は左からバーダー・ハイペリオンMARK IV、中央はSV406P付属のズーム、そして右が新しく発売されたSV191ズームです。

Zoom

SV191(見かけ視界42度〜65度)は、SV406P付属のズームとは形状がほぼ同じです。違いは胴体の周りの刻印が倍率表示から焦点距離表示になっている点と、SV191はフィルターネジがスリーブ先端に切って有るので、スリーブが約2mmほど長くなっている点でしょうか。実際の結像性能ですが、気流が非常に良好だった日に木星と土星を見て比較しました。使用した鏡筒は、英国オライオン社の15cm, F5ニュートン反射です。

結果から言いますと、私の目(軽度の白内障と飛蚊症あります)には、SV191とバーダーハイペリオンの差がわかりませんでした。どちらも非常にシャープで、土星のリングと本体の分離、カッシーニの空隙、木星の縞模様や色味など、違いは全然わかりませんし、両者ともゴーストの発生も有りません。 バーダーのハイペリオンMARK IVの価格はSV191の約3倍。それを考えたら、このSV191はコストパフォーマンスはかなり良好だと思います。特に、短焦点側の見かけ視界が65度あり、気落ちの良い視野が楽しめます。

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ