« この世界情勢の中・・・ | トップページ | 皆さん、ゴシップに惑わされないように »

2017年10月 1日 (日)

情けない民進党のセンセイ方

「どんな手段でも、安倍内閣を倒す」と発言した前原さん。それって大義なのでしょうか?「大義なき解散」とか言ってますが、政策論議もなく、ただ「安倍打倒」だけで戦う事が大義なのでしょうか?

まともな国民なら、今回の希望の党への合流(小池さんは「合流」を否定しています)は、「寄らば大樹の陰」だと分かります。民進党自体、憲法改正や自衛隊に関して、全く意見の異なる議員が居る寄り合い所帯。これが政党として、まともな綱領すら無い理由でしょう。希望の党への合流を発表した前原さんを見て、主義主張の無い党首なんだと呆れました。「安倍打倒」が主張で、そのためなら、どこの政党とでも手を結ぶ。そんな考えの政治家がいるのが情けない。政治家(せいじか)ではなく、政治家(せいじや)です。

それにしても、小池さんに「政策で一致できない人は排除する」と言われて、慌てふためく民進党のセンセイ方。じゃ、あなたがたは何の為の政治家なのですか?と聞きたいですね。だって、政策が一致しなくても「当選」や「安倍打倒」のためなら一緒になるということでしょう?自分たちの過去を振り返って反省したら?と言いたくなりますね。憲法改正や自衛隊に関して、党としてまともな提案が出来ず、単に反対だけ唱えているだけだったのですから。私は、小池さんの「政策で一致できない人は排除する」という主張は、政治家として、また政党の党首として当然だと思いますよ。それすら分からない民進党のセンセイ方、「貧心党」でも結成してはいかがでしょうか。まあ「当選する事」しか頭に無いのですから、政党の党首としての小池さんの主張が理解出来ないのは当然なのかも。本当に情けない・・・

|

« この世界情勢の中・・・ | トップページ | 皆さん、ゴシップに惑わされないように »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情けない民進党のセンセイ方:

« この世界情勢の中・・・ | トップページ | 皆さん、ゴシップに惑わされないように »