« 前文科省事務次官前川氏と加計学園問題 | トップページ | 日本国憲法前文 »

2017年9月 9日 (土)

迷光対策(斜鏡正面)

月明かりが有る時に変光星を観測していて気になったのですが、鏡筒前部から月明かりが入って来て、丁度斜鏡の正面に当っていると、接眼部からその部分が結構明るく見えるのです。で、そこに植毛紙を張りました。

Front
ちょっと工夫したのですが、斜鏡を外さずに、そこそこ均一に貼る事が出来ました。奥に見えている植毛紙は、以前報告したシュラウドタイプの植毛紙で、これは鏡筒に貼ってはいません。接眼部の焦点位置から覗くと、斜鏡には主鏡がほぼ全面映っている状態なので(主鏡以外の鏡筒内面はほとんど見えていない)、考えようによっては、迷光対策は今回貼った部分だけでも良いのかも知れません。まあ、シュラウドの部分はいつでも外せますから、これで良しとする事にします。

|

« 前文科省事務次官前川氏と加計学園問題 | トップページ | 日本国憲法前文 »

望遠鏡(本体)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷光対策(斜鏡正面):

« 前文科省事務次官前川氏と加計学園問題 | トップページ | 日本国憲法前文 »