« SONY CyberShot RX100 M3 | トップページ | 迷光対策(斜鏡正面) »

2017年9月 5日 (火)

前文科省事務次官前川氏と加計学園問題

さて、表題の件。多分、以下の文章には反論もあるでしょうが、敢えて書きます。

加計学園問題で、一躍「時の人」になった前文科省の事務次官の前川氏ですが、この問題で、一般の人や一部マスコミは大事な点を全く無視しています。

1 前川氏は事務次官だったのです!
 公務員で事務次官とは、要するに事務方のトップ、最高位の役職です。彼が指示を出せば、部下は直ぐに動くでしょうし、もし、上からの指示に「公務員としての異論」が有れば、公務員のトップなのですから、真っ先に「国民の利益の為に」反論すべきだったはず。しかし前川氏は反論しなかった。それどころか「面従腹背」がモットーとか。おかしく有りませんか?「面従腹背」とは、言い換えれば「見て見ぬ振り」「長い物には巻かれろ」です。皆さん、もし、役所の窓口で「見て見ぬ振り」の職員(「上が決めた事ですから、私に苦情言っても仕方がないでしょ?私は従うだけですよ。」と返答する職員等)に遭遇したらどう感じます?腹が立ちませんか?その職員が、退職金をがっぽり貰って役所を辞めてから、今度は自分が職場にクレームを付けたり、悪口を言い出したとして、あなたはその職員を「何と素晴らしい人だ」と言えますか?

2 事務次官で「私的な調査」はあり得ない。しかも「報告書」も無い!
 前川氏は「私的な調査」と称して、キャバクラ(でしたっけ?)に通い詰めていたらしいですが、この「私的な調査」を皆さん信じるのでしょうか?1でも書きましたが、本当に問題だと感じて調査したければ、部下に命じてきちんと調査し、報告書をまとめさせ、何らかの対策なりを検討すべきです。私ならそうしますよ。調査方法も、匿名での調査にするとか、個人を保護する手段はいくらでも出来ます。もし、本当に「私的な調査」なら、「私的な報告書」ぐらいマスコミに公開すべきでしょう。そんな報告書、マスコミは報道してましたっけ?要するに、前川氏は、苦し紛れに単なる言い訳をでっち上げているだけです。こんな人を信用する方がおかしいのです。

3 トップダウンはすべて悪?
 忖度が問題しされていますが、金銭の授受を伴うとか、明らかな利益供与の物的証拠が無いならば(噂だけとか)、「忖度=悪、違法」では有りません。だって、皆さん、普通に「忖度」してません?俗に言う「思いやり」、日本人が大好きな「思いやり」です。

仮に、市町村の長が、御上の一声で「待機児童解消の為に保育園の認可を早急に検討しろ」と発言し、その様な動きを部下がしたとします。そこに何ら金銭の授受や利益供与がなかったとして、これを「癒着だ!忖度だ!」と騒いで、長の解任を要求しますか?私は、むしろ長の英断だと取りますし、待機児童問題で困っている親の方からは、賞賛の声が上がるでしょう。今回、一部マスコミ(朝日新聞、東京新聞)は、獣医学部を切望する側の意見(前愛媛県知事)や検討委員会の結論等を「意図的に」全然報道しなかったみたいです。保育所の問題だったら、マスコミは切望する親の声を報道し、様々な規制で認可しない役所を糾弾するのでしょうけど。

トップダウンの決断が無いとどうなるか?皆できちんと話し合って・・という事が、日本では結局「誰が決めたか分からないし、責任の所在も不明。不祥事が起きても、誰も責任を取らない。」という事態になるのです。豊洲の地下空間問題のゴタゴタで、皆さん、それは十分にお分かりでしょうけれど。官公庁の悪い所は、政策が失敗しても誰も責任を取らない点です。そのくせ、既得権益だけは絶対に手放さず、上から目線で指導をしたがる。

以上の点から、「安倍総理=加計学園と癒着した悪者」と思っているのなら、加計問題と前川氏に対する様々なマスコミ報道を「冷静に」「客観的に」見直してみては如何でしょうか?少なくとも、私は「前川氏は公務員としても、人間としても最低。信じるに値しない。」と思っていますし、野党、特に民進党の追求も、確たる物的証拠を示しておらず「安倍下ろし」の為の「揚げ足取り」だけで、本質(獣医学部新設が本当に国民の為に必要なのか、否か?今の獣医学部の設置状況はこれで良いのか?等)を全然取り上げていないと感じています。

もし、本当にこれから家畜のウィルスや病原菌による被害が発生し、専門家である獣医師の不足によって我々の食生活に影響が出た時、その責任は誰が取るのでしょうか?我々国民は、ゴシップ的な報道や感情に左右されず、きちんと問題の本質を見極める事が大事だと思います。もっとも、日本人は自分で考えず「誰々がこう言っているから」とか「報道がこうだから」と、他人任せで流されやすい国民ですから、どうしようもないかも知れませんけど。

|

« SONY CyberShot RX100 M3 | トップページ | 迷光対策(斜鏡正面) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前文科省事務次官前川氏と加計学園問題:

« SONY CyberShot RX100 M3 | トップページ | 迷光対策(斜鏡正面) »