« アイシェード | トップページ | PHOTON ED 3.2mm »

2017年6月 4日 (日)

ORION VX6 の鏡筒内遮光紙シュラウドの作成

VX6を観測に多用しているのですが、この鏡筒の筒内反射が結構あるのです。塗装が十分良質でないのでしょうが、これは何とかしたいと思っていました。筒内反射の様子はこんな状態です。

Tube1
で、これを何とかしたいと考えていました。遮光紙を鏡筒内に貼るというのが一番なのですが、筒内が狭いし、綺麗に貼るのは至難の技。で、シュラウド的な筒を遮光紙で作り、鏡筒内に挿入する方法を考えました。ちょうど手元に、国際光器から購入した遮光紙があまっていたので、十分なサイズではなかったのですが、それで作成する事にしました。材料は以下です。

Cover1_2
縦50センチ、横40センチの遮光紙と、幅3センチ、長さ30センチの厚紙。この厚紙は、遮光紙の固定に使います。完成したシュラウドがこちら。

Cover2
遮光紙の長さが鏡筒内径よりも短いので、ちょっと隙間があるだけでなく、長さが短いので、鏡筒内だとミラーからファインダー脚の根元までしか有りません。ま、抜き差し自由なので、いずれ改造するかもしれません。とにかく、このシュラウドを鏡筒内に挿入したのが、こちらの写真です。

Tube2
はい、長さが足りない頃は十分承知していますが、これでもかなりの効果は有るのでは?と勝手に想像(期待?)しています。我ながら、うまく出来たと自画自賛状態です。効果のほどは?ですが、自己満足に浸っております。鏡筒前部は、ドローチューブの部分が有ったりするので、おいおい検討します。作る方とはめ込みが上手く出来たので、同様な手順で大きなシュラウドを作る事も検討します。

この利点は、粘着テープで貼る必要がなく、いざとなれば簡単に取り外せる事にあります。多少のコツは必要ですが、張り付けに自信が無い方は、この方法は如何でしょうか?

|

« アイシェード | トップページ | PHOTON ED 3.2mm »

望遠鏡(本体)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ORION VX6 の鏡筒内遮光紙シュラウドの作成:

« アイシェード | トップページ | PHOTON ED 3.2mm »