« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

6cm F5鏡筒製作記7(最終回)

製作も最後になりました。鏡筒に台座を接着して終了・・・と、安心したところ、自分でもミスをしてました。フードが長過ぎて、台座を接着したら、鏡筒に被せられなくなったのです。で、やむなく、フードを切断し、こんな感じになりました。ファインダーが輪ゴムで押さえてあるのはご愛嬌です。

New6cnf51
製作記5の写真と比べると、フードが短くなったのが分かります。台座の位置ですが、鏡筒の重心位置よりも、接眼部より(対物レンズ側が重くなる場所)に付けてあります。これは、高度の高い天体を観望する時に、雲台でバランスを取り易くするためです。重心位置付近で固定すると、鏡筒を上に向けた時、接眼部に倒れ易くなるのです。短くしたフードは台座の前方にこんな風に格納(?)されます。

New6cmf52
で、先端に短いフードが残っている様に見えますが、これは切断したフードで製作した対物レンズカバー。綿棒の蓋を中に入れ込んであり、前から見ると

New6cmf53
こんな感じでカバーになっています。今回は、正立天頂プリズムの使用は諦めました。光路長が長く、ドローチューブがF5の光束を切ってしまう可能性が高かったからです。太いドローチューブであれば、問題なく出来たでしょう。実際のパーツを元にして書いた設計図は下の様になってます。

6cmf5 正立天頂プリズムだと、ドローチューブの厚さの分、内径が細くなってしまうので、余裕がないのが分かると思います。5センチだと、ちょっと引き出して使う場合に、チューブが抜け易くなってしまうと思います。

今回、スコープタウンから購入したD60mm FL300mmのレンズですが、2.5mmのアイピースでの120倍でも、星像が奇麗でした。星像を見ながら、レンズ押さえのリングの締め付けを調整するとベストに近い所が探せます。折角製作したので、持ち運んでの手軽な観望に使いたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

6cm F5鏡筒製作記6

さて2 inchフィルタアダプタの製作ですが、使ったのはカメラ用の58 mm->48 mmステップダウンリングです。これはキャノンの防振双眼鏡用に購入していたのですが、これを鏡筒内径に合わせて丸く切った厚紙に両面テープ(強力タイプ)で貼付けます。

Fadaptor1
これにフィルタを付けるとこんな感じになります。付けているのは、バーダー社製のフリンジキラーフィルタです。

Fadaptor2
で、これを、鏡筒内筒(そうです、遮光紙を張った内筒です)の接眼部側に載せて、そのまま鏡筒内部に入れるのです。つまり、

Fadaptor3
こうしてから鏡筒に挿入すると、こんな感じで接眼部の直前にフィルタが位置する訳になります。分かり易くするため、フィルタを付けずにこの2 inchフィルタアダプタを入れて鏡筒前部から写真を撮ったのがこちら。

Fadaptor4
ただし・・・・たかだか口径6センチですから、UHCとかO3のフィルタの効果はあまり期待で来ません。せいぜいフリンジキラー程度でしょうか?空が暗い所なら、UHCの効果は感じられるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月21日 (金)

6cm F5鏡筒製作記5

さて、いよいよ接眼部の接着と本体のくみ上げです。一度仮止めした状態で星で合焦の確認を済ませたところ、1cmほど接眼部の内側の筒を引き出して接着すれが良いことが分かりました。それでセメダイン(懐かしい名前です)で接着。

Setsugan1
こんな感じで接着しています。フェルトは3カ所に付けました。反対側、つまり鏡筒側はこんな感じにしてます。

Setsugan2
内側の筒が奥になっているので、段差の部分には遮光紙を貼付けてあります。また、断面は単に黒のマジックを塗っただけ。まあ、これで十分でしょう。あとは、これを鏡筒に接着するのですが、これも仮止めの状態(隙間に紙を挟んで固定しただけ)で最後合焦を確認してから接着しました。最終的に構成部品はこんな感じです。

Finish1
左から、フード、鏡筒本体、鏡筒内筒、ドローチューブ、手前は対物レンズ。鏡筒の内筒ですが、鏡筒内に入れるとこんな感じになります。

Inner
手前の部分は対物レンズの枠が入る部分になります。奥に接眼部が見えていますね。で、全部を組み合わせると、

Finish2
となります。接眼レンズ外して覗くと、対物レンズは全面が見えています。心配していたレンズのケラレは全くありません。遮光紙を張ってあるので、筒内は真っ黒です。でもフードが長い、邪魔!と思われるでしょうが、このフードは取り外して鏡筒に重ねられます。こんな感じです。

Finish3
ちょうどピッタリに入るんですよ。こうすると全長は約26cm。当然ですが、フード内にも遮光紙を張ってあります。対物レンズにカバーをすれば、携行するのにも楽ですね。という訳で、6cm F5鏡筒は完成しました。

これで終わりにしたかったのですが、眼視用のフィルタを使えないだろうか?と考えてしまいました。アメリカンサイズのフィルタは、天頂プリズムの先に着けると、ドローチューブに入れられなくなるので(遮光紙を張ってあるので)使えません。それで、2inchのフィルタを使える構造を考えました。それは、またまた次の機会に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

6cm F5鏡筒製作記4

鏡筒用チューブとドローチューブ、それに鏡筒の中に入れる遮光紙貼付用チューブ(内筒と呼ぶことにします)のカットが終わったので、内筒、ドローチューブ、それに対物レンズの差し込み部内側への遮光紙の貼付けを行いました。まず、対物差し込み部への遮光紙の貼付けです。貼付け前がこちら。

Objextive
プライスチックが見事にピカピカ光っていますね。これ、接眼部から見ると一番反射光の影響の大きい部分です。遮光紙貼付け後がこちら。

Objective2
かなり反射は押さえられます。同様に、内筒の貼付け前がこちら。

Innertube
これまた、低角度からの反射光がはっきりと見えています。で、張りつけ後がこちら。

Innertube2
ほとんど真っ黒に見えていますね。で、遮光紙を貼付したドローチューブがこちらです。

Drawtube2
明るい部分は、天頂プリズムの差し込まれる部分になってます。遮光紙を貼付すると、反射が劇的に無くなるのが分かりますね。あとは、接眼部を作るのですが、これは実際に仮押さえ状態で、星で合焦状態を確認してから行います。それはまた次の機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

6cm F5鏡筒製作記3

まずは、鏡筒のカットです。取りあえず、鏡筒とドローチューブに必要な長さの線を入れました。鏡筒は21 cm、ドローチューブは6 cmです。

Tube
細いボールペンを必要な高さにセットし、鏡筒にあてながら鏡筒を回転させて線を入れます。このあと、鏡筒をカットするのですが、このコルキットの紙筒、かなり丈夫です。当然、のこぎりなんかで切断したら、端面がボロボロになります。そこで、カッターで切断しました。といっても、奇麗に切断するために、下の様な方法を用いました。

Cutter
カッターの下に、適当な高さの固い固定用の台を準備します。CDなどを利用すれば、1 mm程度で高さを調整出来ますので、カッターの刃が先に引いた線に一致する様に調整します。あとは、このカッターをしっかり押さえ、紙筒を刃にあてがいながら回転させます。一気に切断は出来ませんので、焦らずに作業します。初めは、ちょっとだけ刃を食い込ませ、まずは1周させます。その後は、徐々に刃を紙筒に食い込ませながら、切断して行きます。10分から15分かけ、焦らずに少しずつ刃を深く入れて行くのがベスト。私は、途中で3回程、カッターの刃を折って新しい刃にして切断しました。そうしないと、なかなか切れません。頑固な紙筒です。切断面がこれ。

Tubecross
まあ、満足出来る切断面になりました。ドローチューブも同様にして切断しました。次は、鏡筒内への遮光紙の張り付け、対物レンズ枠の鏡筒差し込み部分の内側への遮光紙の張り付け作業です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

6cm F5鏡筒製作記2

製作の前に検討した設計図(と言う程のものではありませんが)がこれです。
6cmf5_3
何しろ、F5ですので、うっかり間違って作ると、対物レンズの口径を活かせず、ドローチューブでケラレを発生させてしまいます。手元にあるKT-6改の製作で得られているデータから作図しました。鏡筒長は21cm、天頂プリズム使用を前提として、ドローチューブは7cm以下にしないと、チューブでレンズの光束を切断してしまいます。コルキットの接眼部は、紙筒とフェルトでの滑り摩擦を利用した構造になっており、そこには長さ6cmのドローチューブホルダー(勝手に命名)があります。設計では、ドローチューブは長くても7cm、出来れば6cmか5cmが望ましいようです。これを元にキットの材料の切断をします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

6cm F5鏡筒製作記1

ふとした出来心で、6 cm F5の旅行用鏡筒(?)を作ろうと思い立ってしまいました。完成はいつになるか未定ですが(もしかしたら途中で頓挫するかも)、その過程を少しずつ紹介しようと思います。基本的考えは、

1 低倍率専用(せいぜい20倍、15 mm程度のアイピース)
2 カメラ三脚での使用で、特別な架台は使わない
3 天頂プリズム(正立も含む)使用が前提
4 ファインダーは当然不要
5 低価格
6 軽量

と言った程度かな?初めは市販品の鏡筒購入(例えばBORGとか笠井トレーディングのファインダーとか)を考えたのですが、どうも今一、上の条件に合わないのです。それで思い付いたのが、コルキットKT-6の存在です。以前、このキットにスコープタウン取り扱いのD60 mm FL700 mmのレンズと、31.7 mm接眼部を付けて、実に楽しい6 cmアクロ鏡筒が出来ました。そのパーツを考えたら、流用できそうなのです。それで、まずはKT-6とスコープタウンさんから、D60 mm, FL300 mmの対物レンズを購入しました。

Kt6f6
これで準備は出来ました。ちょっと順序は逆になりましたが、対物レンズと天頂プリズムでの合焦距離の測定は既に行っております。ビクセンのPL30 mmを付け星で合焦させた場合、対物レンズ枠の鏡筒への差し込み部分から、プリズムの鏡筒側の面(プリズムケースのドローチューブ側の面)までの距離は

天頂プリズム(ビクセン)使用時 222 mm
正立天頂プリズム(笠井)使用時 210 mm

でした。どうやって計測したかというと、鏡筒バンドを使って対物レンズと31.7 mm接眼部を固定して計測しています。下の写真がそうです。

Focuschecker

あとは、設計図通りにKT-6の紙筒を切断、固定すれば良いのですが・・・・実際の設計は、また次の機会に紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »