« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

eTrex 20 (ハンディGPS)

最近、ちょっと直下地震の不安が高まり、時々都内に行く事があるので、万が一の時の支援用に、ハンディGPSを購入しました。大地震の時には、携帯が必ず繋がる保証は有りませんし・・・

購入したのは、GARMINというメーカーのeTrex20(英語版)です。GPS衛星と、ロシア版のGPSシステムであるGLONASS衛星も受信し、開けた場所では、位置精度が数メートル以下になります。eTrex30という上位機種は、3軸電子コンパス内蔵となっています。どちらを選ぶかは好みでしょうか。山歩きの多い方は30でしょうか?20は、移動していれば、コンパス表示が可能です。

Etrex201
購入したのは、新宿にあるGARMIN専門店のTKAjp PLANETというショップです。ホームページは

http://tka.jp/

になります。ここでは、英語版のeTrexに日本語表示が可能な各種の地図を入れて販売していますが、今回は一緒に専用ケースを購入しました。

Etrex202
このケースには、右に有るベルトクリップも付属しています。このクリップ、本体裏側のバッテリー部の蓋にスライドさせて装着します。こんな感じで下からスライドさせ、

Etrex203
押し込むと、カチッとこんな風に

Etrex204
装着できます。なかなか上手く考えられていますね。簡単には本体から外れません。ところで、このeTrex20は英語版ですが、ショップでは日本語メニュー表示が可能になるようにして設定して送ってくれます。日本語メニューはこんな感じ。

85
ですが、あとで英語メニューにすることも設定で可能で、

41_2
こんな感じにも出来ます。なお、購入したeTrex20には、日本道路地図全国版をインストールして貰いました。液晶表示部がちょっと小さいですが、表示は下の様になります。

300
自宅から新橋まで地図上で移動したので、上の部分に43.71km  Nという表示が出ていますが、通常はこの部分は地図になっています。現在地点から、行き先を登録すれば、道案内表示もしてくれます。

出張の前に購入したので、試験も兼ねて持参したのですが、町中でも位置はかなり精確に表示され、新幹線車内で使っても、しっかり地図上の線路を移動してくれます。蛇足ですが、時速表示も出来て、のぞみでは300kmの表示もされました。

ちなみに、購入したのは英語版ですが、日本語版のeTrex20Jという機種もあります。価格は英語版の方が安いですし、特に不便は感じません。日本語マニュアルもありますし、なによりも、ショップの丁寧なサポートがあるので、安心して使えます。分からない事を問い合わせると、親切に教えて頂けますので、GARMINを購入する方(特に、安い英語版を日本語化した機種でも良い方)にはお勧めのショップです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

R Sctの光度曲線(2010 & 2011年)

2009年から変光星の観測をしているのですが、昨年、目測したR Sctの光度曲線を作成してみました。横軸は修正ユリウス日で、縦軸が光度です。

Sctr2011
ふたこぶラクダ型のおうし座RV型変光星なのですが、昨年はあまり明瞭なふたコブになりませんでした。主極小と副極小が、ほぼ同じ感じになってしますね。ちなみに、世界的に有名なAAVSOのデータから作成した光度曲線は、下の様になります。

Aavso2011
まあ、似た様な感じでしょうか。ちなみに、2010年の私の観測で得られた光度曲線は、こんな感じです。

Sctr2010
同じく、AAVSOのデータでは、

Rsctaavso
私の観測結果も、まあ似た感じになっていました。今年はどうなるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »