« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月10日 (金)

中国製F5短焦点アクロの問題点(設計ミス?)

以前、書いたのですが、巷に出回っているSE120やRFT150SなどのF5の短焦点アクロマートには根本的な設計ミスがあります。どなたもこの事を書かないし、ショップも一切触れていないので、敢えてここで書きます。問題とは、口径のケラレです。原因は、F5の光束には細すぎるドローチューブ。まずは図を掲載します。

F5

ドローチューブの内径が実測で52 mm全長160 mmです。この先端をF5の光束が通るとすると、焦点からドローチューブ先端までの距離は260 mm必要です。バックフォーカスが公称で140 mmなので、単純な計算からドローチューブ後端から焦点までは100 mm以内でなければなりません。ところが、ドローチューブの全長が160 mmだから、なにもしなくても、ドローチューブの後端は40 mmほど引き出した状態になっていないといけないのです。言い換えると、40 mm以上引き出さないとドローチューブの先端がF5の光束の内側に入り込み、口径はケラレてしまう事に!引き出し量10 mmだと口径は86%に減少し、15 cmが実質13 cmに、12 cmが実質10 cmになってしまうのです。ドローチューブが細すぎなんですよ。2 inchのアクセサリ(ミラー等)を使う方は要注意ですね。私はアメリカンサイズの天頂プリズムを使い、引き出し量46 mmを確保しています。口径のケラレはほぼ無い状態。ドローチューブを押し込んだ状態でケラレを無くすには、ドローチューブの内径は最低でも60 mm必要なんです。

最悪、15 cmで2inchのプリズムを使っている人と、12 cmでアメリカンサイズのプリズムを使っている人の実質的な口径差はたった1 cm!こんな事って許されるのでしょうか?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »