« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月23日 (火)

レーザポインタを使った簡易デジカメ照準器

デジカメで変光星の測光をするとき、問題になるのがカメラの方向合わせ。本当は透過型のフレーム式ファインダを作れば良いのですが、PowerShot A530にはクイックシューも無いし、取り付けが厳しそうなので、レーザポインタを使いました。こんな感じです。
Vstarset1

向かって左がJasper Laserから購入した5mWのレーザ。右がデジカメ。この状態でデジカメのズームを最大にして、遠方の物体をいれ、そこにレーザポインタを合わせれば、方向はセットできます。その状態で撮影したのが、この写真。

Vstarset2

約1キロ先の鉄塔に合わせています。画角ですが、4倍ズームのカメラを、約2倍、2.5倍。3倍にして撮影し、その写真から大体の画角を割り出しました。あとは実際に星を撮影して確認、微調整すれば良いでしょう。このシステムで早く撮影をしてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

コンデジでの変光星測光

変光星観測を昨年から行っているのですが、コンパクトデジタルカメラでも測光が出来るという記事を参考に、測光をしてみました。PowerShot A530で星空を撮影し、IRISというソフトと、変光星観測者の永井さんが配布しているdigphotという集計ソフトを使うものです。撮影した写真がこれです。

Mira
画面の右中央の赤っぽい星がミラ。3Mピクセルで、固定撮影、露出は15秒。これを測光してdigphotで計算した結果が

******************
FITS G画像を使用
ASA 400
Image No. 測光値 エラー
35   3.01   0.1
36   3.2    0.12
37   3.19   0.09
38   3.3   0.08
39   3.2   0.11
平均光度  3.18  エラー 0.09
******************

です。これが妥当な値なのかどうかは、検討中です。ただ、コンデジは空のどこに向いているのかがわかりにくく、何らかの工夫が必要ですね。いま、レーザーポインターを使って簡単に照準を合わせる(といっても、大体の方向が合えば、あとは撮影後の液晶で確認できます)方法を考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

Jasper レーザーポインター

今まで、笠井から購入したgreen laser pointerを使っていましたが、低温での動作の問題から、新しくJasperLaserから、CR123Aで動作するレーザーポインターを購入しました。

Jasper04_2

マウントはstandard bracketを購入しましたが、このブラケット、ポインターの方向修正が優れもの。角度調整の微調整はちょっとコツが入りますが、小型でスマートですね。詳細は、私のホームページ

http://homepage3.nifty.com/_norisan/astro/astrotop.html

のレポートの所に書いておきました。円高なので、ちょっとお買い得感も有りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »