« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月 5日 (日)

変光星図の作成 by XEphem

私が使っているソフトにXEphemというのが有るのは以前紹介しましたが、このソフトで変光星図を作成してみました(と言うより、作成出来る事が判りました)。データとしてGCVSを選ぶと、変光星が表示されるのです。星の名前を表示させたり、光度を表示させるかは自由なので、必要な変光星周辺の星図を最初に星の名前を表示させてから作成し、その後で光度のみの表示の星図にします。光度は眼視光度のようで、ヒッパルコス星図の光度や、Tycho2のVB,VT等級からの眼視光度ともほぼ一致しています。なかなか便利に使えそうです。AAVSOのVariable Star Plotterでは、光度が妖しい場合あるのですが、XEphemだと間違いなく眼視光度が表示されている様です。下の星図は、R CET, RS Cetの星図です。星の名前はあとで書き加えてあります。

Rceta

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

コルキットKT-6用の鏡筒バンド

スコープタウン製の対物レンズに換えて、性能がアップしたコルキットKT-6ですが、問題はその架台。アイベルのKDSIIkai架台を購入したことは書いたのですが、その架台をKT-6でも使用するために、スコープタウンから8センチ用の鏡筒バンドを購入しました。下がその鏡筒バンド。

Vic1

さてこの鏡筒バンド、内径が80ミリなのですが、KT-6は鏡筒外径が72ミリ。8ミリ小さいのです。それで手元にあったピアノ調律用のミュートフェルトと厚さ2ミリのゴム板を使い、鏡筒バンドを改造しました。

Vic5

これで無事にKDSIIkaiにKT-6がマウント出来ました。KT-6には台座があるのですが、これが丁度鏡筒バンドの脚の間に入るので、鏡筒の前後の位置調整もできるのです。写真ではほとんどフリーストップでの使用状態になっています。6センチのアクロマート鏡筒、なかなか楽しいですよ。

Vic6

Vic7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »