« たかがプルーセル、されど・・・ | トップページ | コルキットKT-6用の鏡筒バンド »

2010年7月25日 (日)

アイベルのKDSII kai経緯台

以前から欲しいと思っていた簡易型の経緯台として、アイベルからKDSIIkai経緯台を購入しました。これはケンコーのKDSII経緯台を改良したもので、天頂方向での使用を可能としてものです。早速、Maxscope40とLD80で使ってみました。鏡筒の前後バランスをちゃんととれば、ほぼフリーストップ経緯台になります。微動はあるのですが、ウォーム径が小さいので、特に垂直方向の動きはややぎこちない感じがします。とはいえ、カメラ三脚で使えるフリーストップ経緯台として、これから活躍しそうです。
Kda1


Kds2

|

« たかがプルーセル、されど・・・ | トップページ | コルキットKT-6用の鏡筒バンド »

望遠鏡(周辺機器)」カテゴリの記事

コメント

お手軽な架台で良いですね。簡単に振り回せるので望遠鏡の使用機会が増えそうですね。

それにしても、天気が...。ストレス溜まってます。

投稿: 星見人 | 2010年7月29日 (木) 08時25分

星見人さん、こんにちは。

やはり手軽であることが大切だと感じます。「よっこらしょ」とセッティングする架台は、どうしても面倒になり観望から遠のきますね。

最近はまあまあ晴れるのですが、仕事などが忙しくて思う様に観望が出来ず、私もストレスが溜っています。ストレスが溜ると、ついつい衝動買いを・・・

投稿: ハットリ | 2010年7月29日 (木) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイベルのKDSII kai経緯台:

« たかがプルーセル、されど・・・ | トップページ | コルキットKT-6用の鏡筒バンド »