« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月 1日 (木)

コルキットKT-6の改造

以前製作したコルキットKT-6ですが、対物レンズをスコープタウンで販売しているD=60mm, f=700mmの物に交換しました。
交換の理由ですが、オリジナルのf=600mmのレンズの像がちょっと悪いのです。それで100mm焦点距離の長い対物レンズに交換し、その像の改善効果を調べたいからなのです。幸い、天頂プリズムを使うと、ドローチューブを引き出しても合焦します。下の写真は、700mmの対物レンズでの合焦状態。これでもドローチューブは十分中に入っています。

Newfocus_3

ただし、オリジナルでは内部に600mmのレンズに合わせた絞りが入っていました。それで今回はそれを外し、対物レンズ枠のぎりぎりまで遮光紙を貼り、遮光効果を持たせています。対物レンズを外した状態ではこんな感じです。ちょっと奥に見える線が、絞りの付いていた接続パイプのエッジです。

Newtube_2

また、対物レンズですが、スコープタウンから購入したアクロマートレンズも、分離がプラスチックのリングで行われており、ゴーストが発生しました。それで、この対物レンズもアルミホイル分離型に改造。これでゴーストもかなり減りました。ニュートンリングも下のように奇麗に見えています。

Newlens_2

まだ星像での試験をしていませんが、ちょっと期待しています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »