« 年末になると・・・ | トップページ | 自由雲台の利用 »

2010年1月16日 (土)

意外な組み合わせ

高価な望遠鏡に高価なアイピース・・というのは常識かもしれませんが、昨日、こんな組み合わせで観望をしてみました。ケンコーSE120にナグラーアイピースです。なお、バーダーのフリンジキラーフィルタを入れてあります。使ってみたアイピースはナグラーの13mmと9mm。これが意外に使えました。鏡筒よりもアイピースの方が高価という組み合わせなのですが、F5の鏡筒でもナグラーの相性は良いみたいです。ビクセンのPL15mmと13mmの比較では、13mmでは視野の周辺までテレビュー85と同じ様に星像が良好でした。勿論、星像自体は肥大化と色収差が目立ちますが、PLでは50度の視野周辺では像が崩れているのが判るのに比べると、ナグラー13mmの方は遥かに像の乱れは小さいです。13mmでは46倍、9mmでも67倍ですので、気楽な観望にはほどよい倍率でした。空が暗い場所では使えそうなコンビです。
Se120nagler

|

« 年末になると・・・ | トップページ | 自由雲台の利用 »

観望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外な組み合わせ:

« 年末になると・・・ | トップページ | 自由雲台の利用 »