« なぜ気がつかなかった?? | トップページ | コルキット KT-6 »

2009年8月12日 (水)

スタービーム

今までテレビュー85では、笠井から購入したクイックファインダを使っていたのですが、取り付け方法の都合で毎回光軸の調整が必要でした。それでスタービームを購入しました。透過型のファインダですが、鏡筒バンドにフィットしますし(当然ですが)、鏡筒に付けたまま鏡筒ケースに収納出来るなどの利点があります。赤いドットがちょっと大きめですが、見やすいですし明るさ調整も可能。勿論、もっと安い同じ様な透過型ファインダは有りますが、やはり純正の使いやすさにはかないません。フリップミラーで天頂付近でも使えるというのも魅力です。もう少し安くなれば文句無いのですけど・・・・
Starbeam

|

« なぜ気がつかなかった?? | トップページ | コルキット KT-6 »

望遠鏡(周辺機器)」カテゴリの記事

コメント

ハットリさん,こんにちは,atoyanです.

自分も別の望遠鏡で,透視型ファインダーを使っていました.

取り付けはアリ溝式で簡単ですが,位置の再現性が悪く,取り付けるたびに軸合わせをしなければなりません.

これって,意外に不便です.

それと,天頂付近は使いにくいことも欠点です.

これに比べるとスタービーム,さすが高級品で使いやすそうですね.

さらに眼鏡を常時かけていないと用が足せない小生,最近のレンズ径の小さいおしゃれメガネですと,ちょっと目線ををずらすとたちまち裸眼状態になってしまいます.

透視型ファインダーがよく見えないなというときはだいたいこの状態です.

そんなわけで,最近は,視野導入は広角アイピースを使うことが多くなり,透視型ファインダーの出番が少なくなっているのが実情.

せっかく買ったのに,ちょっと残念なところです.

投稿: atoyan | 2009年9月 3日 (木) 07時30分

atoyanさん、こんばんは。

透過型ファインダーは、目の位置がファインダーに近過ぎると、目の位置のズレで輝点がずれるように感じます。少なくても20センチ程度は目をファインダーから離して覗いた方が良いと思います。地上の風景でも出来ますので、確認してみて下さい。もともと、透過型ファインダーは低倍率のアイピースの視野に導入するためと考えられますので、厳密に輝点と視野の中心が合わなくても、気にしない方が良いと思いますし、そんなものだと思います。

投稿: ハットリ | 2009年9月 3日 (木) 22時01分

ハットリさん,こんにちは,atoyanです.

ハットリさんのアドバイスに従って,先日,件のファインダーと望遠鏡の光軸を合わした後で,なるべく離れて覗いてみました.

こうすると,確かに赤いスポットが重なったところが視野に入ります.

慣れてくると,そこそこの高倍率でも導入できるようになりました.

使い勝手で文句ばかりいってしまいましたが,使い方がまずかっただけでした.

アドバイスありがとうございます.

投稿: atoyan | 2009年9月30日 (水) 06時58分

atoyanさん、こんばんは。

透過型ファインダー、慣れると便利です。どうしても目を近くに持って行きたくなるのですが、離れて覗くという方が意外に楽ですし、視野のズレも減るように感じます。笠井のクイックファインダは、直径が2度と30分の円があるので、実視界の検討も付けられて便利です。

投稿: ハットリ | 2009年9月30日 (水) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタービーム:

« なぜ気がつかなかった?? | トップページ | コルキット KT-6 »