« 貧乏人のディオプトロニクス計画2 | トップページ | 部分日食 »

2009年6月28日 (日)

貧乏人のディオプトロニクス計画3

さて、ネット通販の店から、頼んでいた乱視の度のみが入ったレンズが届きました。2枚1組で5250円、送料は500円です。Diop2
ちょっと分かりにくいかも知れませんが、1枚は75ミリの円形(これが元々のサイズ)、もう1枚は60ミリの円形に加工して貰いました。加工料は無料です。意外に曲率が大きいのでちょっと驚きました。普段はフレームサイズに加工しているので気がつかないのですね。さて、これを塩ビソケットに載せるとこんな感じです。
Diop3
ソケットからのはみ出しが少ないのですが、75ミリの方は、目を近づけると、レンズの端に顔が触れます。まあ、暗闇でレンズに目をぶつけない為だと思えば良いでしょう。まだ固定方法が未定です。ネジ止めにするか、このまま接着してしまうか・・・・3点の接着止めなら、あとで外すのも楽かも知れません。ソケットの内側は、ゴム板を両面テープで付けてあります。この2個の製作にかかった費用は、総額でも6000円ちょい。本物のディオプトロニクスが1枚16800円、アダプターが4200円。手持ちのパンオプティック27mmとナグラーtype6 13mmに使おうとすると、21000円が必要です。完成後使用してみてから、最終報告しようと思っています。
なお、レンズを購入したのは「眼鏡職人」というショップで、アドレスは下の通りです。自分もディオプトロニクスモドキを作ってみたい方は、レンズを購入してみてはいかがですか?円形加工に関しては相談にのって頂けます。
http://megane.ocnk.net/

|

« 貧乏人のディオプトロニクス計画2 | トップページ | 部分日食 »

観望関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貧乏人のディオプトロニクス計画3:

« 貧乏人のディオプトロニクス計画2 | トップページ | 部分日食 »