« 正立の誘惑 | トップページ | 誠報社のユニバーサル経緯台、その後 »

2009年3月14日 (土)

誠報社のユニバーサル経緯台

手持ちの望遠鏡の架台というと、F2経緯台がメインなのですが、テレビュー専用設計に近いものがあり、他社製の望遠鏡を載せるには、ちょっと不都合も生じます。それで、誠報社のユニバーサル経緯台NZを購入しました。ケンコー12センチを載せるためです。この12センチ、標準アリガタプレートを、無理矢理F2経緯台の穴にネジ止めして使っていたのですが、ネジ1本での固定なため、時々鏡筒が動いてしまうという問題がありました。で、NZ経緯台を購入した次第です。ご覧のように、ビクセンのプレートホルダーSXを使って加工無しでしっかりと固定でき、完全にフリーストップ状態でバランス出来ました。ちょっと重くなってしまったのですが、これで安心して12センチを使えます。なお、詳細は私のホームページで紹介しております。Nz1

|

« 正立の誘惑 | トップページ | 誠報社のユニバーサル経緯台、その後 »

望遠鏡(周辺機器)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
NZレポートも拝見しました。
一回り大きいRFT-150Sを検討しているのですが経緯台は安定性、使いやすさ、微動装置付きで国際光器さんのT-MOUNTとどちらがよいか迷っています。
教えていただけたらありがたいです。
ちなみに天体望遠鏡は初めてで双眼鏡8×56があります。

投稿: くるまもすばる | 2010年11月13日 (土) 13時41分

「くるまもすばる」さん、初めまして。

RFT-150Sですか?凄いですね。T-MOUNTとNZですが、望遠鏡が初めてということなので、T-MOUNTの方が良いかも知れません。NZは、ある程度観望目的を限定し、望遠鏡の特性を知った上で使う架台だと感じます。NZで、高倍率での追尾はコツが入りますし、RFT-150Sを載せて、もしNZのアームを斜めにすると、重心が三脚の中心軸からずれて不安定になるでしょう。

ただ、RFT-150S、T-MOUNTとも、それぞれ8キロ程度となり、総重量16キロにはなります。重さというのも大事で、場合によっては稼働率が下がります。運搬も大変です。ちょっと月が見たい・・という時に、16キロの望遠鏡をセッティングするのって、結構気力が必要です。その辺りの問題が無いのであれば、T-MOUNTが良いかな〜。

これは全く私の個人的な考えですが、初めての望遠鏡で
RFT-150S+T-MOUNTは大き過ぎるのではないかな?とも感じます。何を楽しみたいのか判りませんが、月面とか惑星が中心なら、F5のアクロマートはお勧めしません。RFT-150Sでの実用的な最高倍率は80〜90倍でしょう。ケンコーのSE120でもそれが限界です。SE120での月面は色収差が多く、惑星も12センチの口径の分解能は出ません。RFT-150Sも同じ可能性が高いです。こういった単焦点大口径アクロマート鏡筒は、低倍率(〜50倍程度)での星雲星団観望向きですので(と私は思います)、その点をご理解されていれば、(そして、16キロの重さが問題でなければ)RFT-150S+T-MOUNTは楽しめると感じますよ。

投稿: ハットリ | 2010年11月13日 (土) 16時02分

ご回答ありがとうございます。
実際のところこの一月あまり何が観たいのかしたいのかはっきりせず欲しい望遠鏡もくるくる変わっていました。Kiss X4 も購入したのでいろいろ調べていたら写真も撮ってみたいけれど今は観る方がおもしろい。ホルストの惑星はお気に入りなんですがそれよりすばるみたいな星団、きらきらした星がいいです。
103Pを撮ってみたら倍率をあげると星座のつながりがわからなくなり、なんか低倍率がいいと思っています。
双眼望遠鏡がよさそうなんですが手が出せず、そのうち対空双眼鏡ならHF2経緯台がよいかと思っています。
アポクロマート10cmと迷っていて、初めてでもあるし12cm(F5)のセットでじゅうぶんなのですが15cmなら大きさでカバーできるかなと。
いなかなので庭先で観ます。重すぎる必要ないけれどしっかりした経緯台がよいだろうと調べていてこちらにたどり着いたしだいです。

投稿: くるまもすばる | 2010年11月13日 (土) 18時25分

ホルストの惑星、良いですよね。私はズービン・メータ指揮の、ちょっと古い盤を持っています。

低倍率での観望は楽しいですよ。15センチあって、もし、ご自宅の庭先が暗ければ、素晴らしい観望が出来ると思います。庭先での観望中心なら、T-MOUNTでも大丈夫だと思います。

観望に慣れて来たら、アイピースも良いものを使ってみると良いです。視野の広いアイピースだと、また印象が違いますよ。F5の光束って太いですから、そういった光束にも対応したアイピースだと、視野周辺の像も改善されることがあります。今年の1月16日の記事を読んでみて下さい。近くに天文仲間が出来ると良いですね!ネットとかで、同好会やメーリングリストを調べてみるのも良いかも知れませんね。

投稿: ハットリ | 2010年11月13日 (土) 20時05分

そうですね。近くにのぞかせてもらえるところはないかネットで探しているのですが、いなか(九州)のまたいなかなのでうまく見つかりません。まあ、明かりは少ないし、もうすぐしたらカノープスも観られるのでそれなりによいところではあります。

投稿: くるまもすばる | 2010年11月13日 (土) 22時04分

星を楽しむには良い環境のようで羨ましいです。明かりが少ないというのは、望遠鏡の口径よりも、遥かに大事です。光害が無ければ、双眼鏡だけでも素晴らしい星空を楽しめますからね。以前南半球に住んでいたとき、星明かりで地面が見えるという場所での観望会に参加したことがあります。肉眼だけでも驚きの星空でした。

投稿: ハットリ | 2010年11月14日 (日) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誠報社のユニバーサル経緯台:

« 正立の誘惑 | トップページ | 誠報社のユニバーサル経緯台、その後 »