« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月19日 (木)

正立の誘惑

普段、双眼鏡を覗き慣れていると、望遠鏡でも正立像で見たくなります。正立の利点は、星図との比較が取りやすい事でしょう。天頂プリズムの裏像は、天文歴37年の今でも馴染めません。実は2インチがメインであるテレビュー85では2インチの正立プリズム(笠井トレ扱い)があるのですが、光路の問題があるケンコーの12センチや、クレイフォードの引き上げ重量に問題がある夕星さんから購入したLD80では、この2インチ正立プリズムが使えません。それで、また笠井トレーディングから、アメリカンサイズの正立プリズムを購入しました。2インチと同様、なかなかの高精度です。低倍での使用がメインですが、LD80に80倍で星像を見ても、焦点内像外像とも奇麗な同心円。全然問題なし。アミチプリズムですし、細かい事を言えば問題があるのでしょうが、星雲星団観望には星図との比較のしやすさが、遥かに大きなメリットですね。観望派の人には、お勧めです。
Seiritsu

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

今のLD80鏡筒

以前にも紹介したLD80鏡筒(夕星さんから購入、夕星はゆうづつと読みます)ですが、現在はこの形になりました。ファインダーは夕星さんから購入した透過型ファインダです。アイピースなどは全部アメリカンサイズにしました。これはクレイフォードの引き上げ能力を考慮しての事です。アイピースは軽くて安いビクセンのPLシリーズ(15&30ミリ)を使用。LD80は張り合わせのセミアポクロマートみたいですが、これが80倍でもかなりのシャープさを持っています。勿論、青ハロは出ますが、思った程気になりません。この形でお手軽観望にはベストだと思います。今日はこれでルーリン彗星を観望しました。Ld80style

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »