« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

また1年が終わりました

早いもので、もう大晦日です。毎年、「また来年の大晦日になるんだよな」と思っていると、実に早くその大晦日になります。ブログも始めてみたものの、忙しくで定期的な書き込みも出来ずに終わりました。また来年も同じでしょうね。こんなつならないブログでも、訪問してくれる方が居るのが驚きです。若い方(?)の様な、面白いブログも無理ですし、仕事優先ですので、更新もままなりなせん。まあ、こんなブログで宜しければ、また来年も訪問して下さい。では、良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

SG-1100の内蔵バッテリー

おそらく、遠征する人は何か携帯用の電源を持っている方が多いと思います。私も、SG-1100という携帯電源を持っています。これは、かつて誠報社などで赤フィルター内蔵と謳って発売されていた物と同じですが、DIYショップで確か6000円前後で購入しました。当然ですが、赤フィルターは無しだったため、自分で赤いフィルムを入れてます。
Sg1100
さて、この電源ですが、内蔵バッテリーがダメになって来たので交換しました。裏蓋のネジを外すと本体が開くのですが、内部にあるのは12V7AのNP7-12(写真左側)という、YUASAの鉛蓄電池。それを同等のGS・ユアサ PE12V7.2(写真右側)に変えました。
Gsyuasa
この電池は、楽天にある「日本イーテック」というショップで購入。ここが安いみたいですが、それでも9000円以上しました。電源よりも高い・・・・・まあ、これであと数年はまた使えるので良しとしました。交換するときには、電池の端子をショートさせない様に注意が必要です。交換される時はその点に注意が必要ですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

古い写真ですが

12月1日に、夕空で月と金星、木星のランデブーがありましたが、残念ながら当地は曇りでほとんど見る事が出来ませんでした。これは前日の写真です。コンパクトデジカメの夜景モードでフラッシュなしで試し取りをしたもの(翌日の為に・・・です)。意外に写ってびっくりしました。ちゃんと試していないのですが、マニュアルモードで使えば星座写真くらいは撮れそうですね。

昔は、フィルムで撮影して現像して焼き付けして・・と、大変苦労したのですが、今はその場でモニターで確認もできるので便利です。デジカメアダプタで月面なども撮影出来るのですが、最近は眼視のみ。「写真」と書くのですが、デジタルになると「作品」に近い天体写真が多いし、画像処理のし過ぎ?と思われるものも多いので、ちょっと考えてしまいます。Nov30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

ベランダ観望(星雲星団)

なかなか遠征が出来ないので、諦めてベランダで星雲星団観望をしていますが、その時に使っている機材はケンコーの12センチアクロマート(SE120,F5)です。使っているアイピースは、ビクセンのNPL30mm, 15mm, LV9mmの3種類。NPLなんて、安いアイピースで・・・と思われるでしょうが、意外に相性が良いです。レンズの構成枚数が少ない事もあり、見かけ視界が狭い(50度)という事を除けば、コントラストも良好。ただし、鏡筒もアイピースも天頂プリズム(アメリカンサイズ、笠井製)も、貼れる場所には全部遮光紙を貼っています。テレビュー85の様な、針でつついたような星像は望めませんが、集光力を活かしてなかなか楽しい観望が出来ます。倍率は70倍程度が限界だと感じますが、メジャーな星雲星団観望なら十分ですよ。
Se120

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »