« 遮光絞りと遮光紙 | トップページ | 勝間SS7×50マルチコートモデル »

2008年10月11日 (土)

VixenとWilliam Opticsの融合品

さて、写真は一見、ビクセンの2倍バーローですが、実は先端部分はウィリアムオプティクスの双眼装置について来た1.6倍バーローレンズです。普段、双眼装置ではビクセンの2倍バーローの先端部分を付けて使用しているので、ウィリアム純正の1.6倍レンズは未使用。逆に、ビクセンの2倍バーローの方は、先端が双眼装置で使われているので、スリーブが未使用。で、未使用同士を一緒にしたのがこれ。で、使ってみると、これが素晴らしい。LD80鏡筒での月面観望で使ってみたのですが、間違いなく1.6倍程度のバーローになっています。谷オルソ6ミリを使って、ビクセンの2倍バーローとの比較をしたのですが、2倍バーローだと像が甘くなるのに、1.6倍バーローだと像がシャープ。倍率差(160倍と128倍)のせいだけでも無い感じです。お蔭で、一つ使える機材が増えました。Barlor

|

« 遮光絞りと遮光紙 | トップページ | 勝間SS7×50マルチコートモデル »

望遠鏡(周辺機器)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VixenとWilliam Opticsの融合品:

« 遮光絞りと遮光紙 | トップページ | 勝間SS7×50マルチコートモデル »