« Virtual Moon Atlas | トップページ | Macminiの冷却 »

2008年8月22日 (金)

ホンダスーパーカブ

朝日新聞の「どらく」ってご存知の方も多いと思います。朝日新聞のネット版、娯楽(?)紙みたいなもの。そこの「ライフスタイル」に面白い記事がありました。「彼らがカブに夢中な理由」という記事です。

いままで大型バイクに憧れ、1000ccのバイクに乗っていた人達が、スーパーカブにたどり着いた・・・というのです。お読みになってみると面白いですよ。曰く「今まで忘れていた風景が見えて感じられるようになった。風の音とか、身近なちょっとした風景とか…今まで忘れていた風景が見えて感じられるようになった。」そうです。ふと、天文も同じかな?と思ってしまいました。というよりも、今の自分の観望と共通するものがあるように思えるのです。

赤道儀だ、大口径だと、ん十年も天文を趣味としてきて、たどり着いたのが双眼鏡と小口径の屈折、しかも経緯台。でも、今まで気がつかなかった様な面白さ、楽しさを発見しています。たかだか5センチ、8000円のラプトルで見た月面の美しさや、双眼鏡でめぐる街中の星や、かろうじて見える星雲、星団。釣りも「ヘラブナに始まり、ヘラブナに終わる」とか言うらしいですが(釣りの事は良く知らないので間違っていたらごめんなさい)、天文もバイクも、そして釣りも、趣味には何か共通点があるのかも知れませんね。

|

« Virtual Moon Atlas | トップページ | Macminiの冷却 »

望遠鏡(本体)」カテゴリの記事

コメント

「どらく」読みました。うーん、やってますね。現代の見かけは立派、中味は?という風潮への反動もあるかもしれません。スーパーカブ同様、小型望遠鏡、双眼鏡観望、悟りの境地といえるかもしれませんよ。

投稿: アルビレオ | 2008年8月22日 (金) 17時18分

スローな生活の良さが分かるのは、それまで慌ただしく過ごして来た経験がある、それなりの年代の人なのかも知れません。スーパーカブにしろ、望遠鏡、双眼鏡にしろ、今、最新の機種に夢中な人には分からない世界なのだと思います。もちろん、どちらが良いとか悪いという問題では有りませんけど。

投稿: ハットリ | 2008年8月22日 (金) 20時32分

始めまして大阪の秀丸と申します。
使用機材や観望スタイルが私と非常に似てますね。

私はまだまだNinja320での遠征が中心です。
自宅ではTV-101+ポルタ経緯台です。
ここ最近、月面てこんなに面白い物なのかって
思い直してます。
ドイツ式赤道儀は重いし組み立てが面倒で導入がしづらいですよね。
フリーストップの経緯台が気軽な観望に最適だと思います。

ブログもやってますので、もし宜しければお越し下さいませ。
http://agloco4.blog122.fc2.com/

投稿: 秀丸 | 2008年8月23日 (土) 13時16分

秀丸さん、初めまして。

ブログ拝見しました。101とは凄いですね。でも経緯台での観望、本当に楽ですし、特に月面観望は面白いです。紹介したソフトなども使ってみて下さい。

最近、遠征は出かけてません。Ninjaは素晴らしい機材なのですが、その能力を発揮させるには、もう少し時間がかかりそうです。ポルタって方持ちですが、振動は大丈夫なのでしょうか?微動はないのですが、私はF2のシンプルさが気に入ってます。

投稿: ハットリ | 2008年8月23日 (土) 15時41分

秀丸さん、こんばんは。神戸在住のアルビレオです。ブログ拝見しました。ハットリさんとも似ているですが、私も似ているです。Ninja320は憧れなのですが、今はケンコーSE200N(改造)をHF経緯台に載せてドブ感覚で使っています。いつかはNinjaとも思っています。自宅では、ニコン8cmを惑星、月面用に使っています。デッキにポールを立て、GP赤道儀もカバーをして出しっ放しにして、すぐに鏡筒を載せれるようにしています。TV-102iは、本来はDeep Sky用に購入しましたが、ナグラ−6 13mmで見る月は異次元の見え味です。遠征先でTV-102iを活用せねばと思っています。双眼鏡はキャノンIS15×50を愛用しています。これでの天の川下りは最高ですね。遠征は、兵庫県相生市から北に行った「三濃山(みのうさん)」に行っています。(と言っても、ごぶさたが多いのですが)ハード(機材)は豪華なのですが、ソフト(知識)が貧弱なので、現在ソフトを増強しようと奮闘中です。

投稿: アルビレオ | 2008年8月23日 (土) 19時10分

ハットリさん、お返事ありがとう御座います。
当初はFS102辺りの新品を買おうと思っていたのですが、たまたまオークションでTV-101が出ていて予算内だったのでこちらにしました。
とても良い鏡筒なのでラッキーでした。

F2経緯台は使った事が無いので振動がどの程度、違うのか分りませんが
ポルタは合焦時に筒が揺れて合わせづらい事、意外は満足しています。

アルビレオさん、始めまして。
HF経緯台は以前使ってましたしNinjaの前はR200SSでした。
HF経緯台とニュートン系の鏡筒は相性が良く使いやすいですよね。
双眼装置は持ってませんが迫力が増すんでしょうね。
私は101なのでナグラー6 7mmで月の全体を眺めるのが好きです。
双眼鏡は星団をしっかり分解して見たかったので18倍の方を選択しました。

似た機材、観望スタイルのお二方と出会えて嬉しいです(^^)
又、遊びにきますので宜しくお願いしますね!

投稿: 秀丸 | 2008年8月23日 (土) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホンダスーパーカブ:

« Virtual Moon Atlas | トップページ | Macminiの冷却 »