« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月29日 (金)

Macminiの冷却

今私のメインマシンは、Macmini(Core2Duo)なのですが、このMacmini、結構発熱します。それも、底面から熱を発散させる構造なので、底面が熱くなります。この夏の異常な暑さで、Temperature monitorの数値がちょっと高めになるのが気になり、底面にヒートシンクを付けました。Macminicool
ヒートシンクとの密着性を良くするため、写真では分かりませんが「ラムダゲル」というシリコン性の熱伝導性のシート(厚さ1ミリ、自己粘着性です)をヒートシンクとMacminiの間に挟んで有ります。さらに、12Vのファンも必要に応じてヒートシンクの冷却に使う事にしました。効果は・・・・・確認しようと思っていたら、暑さが一段落。でも、CPU Core1 & 2 が簡単に80度を越える事は無い感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月22日 (金)

ホンダスーパーカブ

朝日新聞の「どらく」ってご存知の方も多いと思います。朝日新聞のネット版、娯楽(?)紙みたいなもの。そこの「ライフスタイル」に面白い記事がありました。「彼らがカブに夢中な理由」という記事です。

いままで大型バイクに憧れ、1000ccのバイクに乗っていた人達が、スーパーカブにたどり着いた・・・というのです。お読みになってみると面白いですよ。曰く「今まで忘れていた風景が見えて感じられるようになった。風の音とか、身近なちょっとした風景とか…今まで忘れていた風景が見えて感じられるようになった。」そうです。ふと、天文も同じかな?と思ってしまいました。というよりも、今の自分の観望と共通するものがあるように思えるのです。

赤道儀だ、大口径だと、ん十年も天文を趣味としてきて、たどり着いたのが双眼鏡と小口径の屈折、しかも経緯台。でも、今まで気がつかなかった様な面白さ、楽しさを発見しています。たかだか5センチ、8000円のラプトルで見た月面の美しさや、双眼鏡でめぐる街中の星や、かろうじて見える星雲、星団。釣りも「ヘラブナに始まり、ヘラブナに終わる」とか言うらしいですが(釣りの事は良く知らないので間違っていたらごめんなさい)、天文もバイクも、そして釣りも、趣味には何か共通点があるのかも知れませんね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

Virtual Moon Atlas

Lunar Calculator を紹介したばかりですが、またまた、凄い月面図のソフトを紹介します。その名はVirtual Moon Atlas。フリーソフトです。
http://ap-i.net/avl/en/start
が英語のホームページで、残念ながらこれも日本語版は有りません。このソフトの凄いところは、各種の月面データ(写真)をダウンロードして使えるところです。とりあえず使ってみているのですが、ダウンロードしたのは、プログラム本体
VMA "Expert" version 3.5c
と、Lunar Orbiter 4の撮影による1000枚の写真データ
LOPAM "Destripped"
です。このデータは、上記サイトのPicture librariesにあります。分解能は300m/pixelとの事。Vma
ソフトを起動するとわかりますが、Zoomなどの機能があり、お目当てのクレーターをクリックすると、その名前が黄色で表示され、データが右側のウィンドウに表示されます。その状態で、メニューバーにある写真のボタンをクリックすると、ダウンロードした写真データから、そのクレーターの写真が表示される仕組み。いや〜、凄いです。Apolloなどで撮影されたデータもあり、観望時の利用だけでなく、月面のツアーも出来ます。フリーですので、月面観望される方も、そうでない方も使ってみては如何でしょうか?
Vma2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

Lunar Calculator

双眼装置で月面観望をする時に役に立つソフトを見つけました。それがこの Lunar Calculator です。Luc
特徴は一口では言えないのですが、表示されるクレーターにポインタを合わせるとその名前が表示されたり、アントニン・ルークルのAtlas of the Moon (邦訳「エリア別ガイドマップ 月面ウォッチング」、山田卓訳、地人書館)のマップ番号を表示したりと高機能です。登録しなければ機能限定版になりますが、それでも普通の観望には十分使えます。特に便利なのが「ひょう動」を考慮した月面マップが表示される事で、月面のエッジ付近で見え隠れするエリアの観望には最適な点でしょう。興味のある方は
http://www3.telus.net/public/aling/lunarcal/lunarcal.htm
からダウンロードして下さい。英語ソフトですので、インストール時の質問は全て英語になってる点は注意ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »