« 体に優しい虫除け | トップページ | ラプトルの遮光絞り(続き) »

2008年7月11日 (金)

ラプトルの遮光絞り

ラプトルの遮光絞りのうち、接眼部に近い方の1枚を外しました。というのは、どうもこの絞りの位置が悪く、口径がケラれている感じなのです。月面観望後、対物レンズのエッジから内側を覗くと、この2番目の絞りが小さく(対物側に近く)接眼レンズの明るい視野が隠れてしまうのです。で、接眼部を外してから、紐の先に3センチ程のねじを結んだものを入れ、ねじを遮光絞りの内側に入れてから紐を引いて絞りにねじを引っかけ、えいやっと引っ張ったらすぐに絞りが抜けました。抜いてから上述の様にしてチェックした所、無事に接眼レンズの視野が良く見通せる様になりました。この絞りが無くても、ドローチューブ内の絞りと、鏡筒に残った1枚の絞りで十分役目は果たしているようです。Raptoriris

|

« 体に優しい虫除け | トップページ | ラプトルの遮光絞り(続き) »

望遠鏡(本体)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラプトルの遮光絞り:

« 体に優しい虫除け | トップページ | ラプトルの遮光絞り(続き) »