« カメラ三脚の運搬 | トップページ | 双眼装置の誘惑 »

2008年5月25日 (日)

Ninja320の行く末

最近の様に天候が悪いと、晴れ間を見つけては見える天体を観望する以外ないですね。そうなると、いつも悩んでしまう事があります。それは、狭い自宅の自室に「デ〜ン」と鎮座している、Ninja320です。
Nj320念願叶って入手したこの大口径ドブ、稼働率が最低なのです。もちろん、ベランダで組み立てるのは簡単ですし、それなりに星雲や星団も観望できるのですが、真の力を発揮するには都市部では無理なのです。戸建ての自宅で、庭からでも空がかなり見えるなら、それでもまだ稼働率が上がるのですが、マンションだと見える範囲も極めて限られます。ましてや、「晴れた!この貴重な時間にさっさと観望しないと・・」なんて時に見られるのが「月」だったりすると、Ninjaの出番が有りません。Ninja320は、手軽にdeep skyを楽しめる素晴らしい望遠鏡なのですが、その機会を年に何回持てるかが問題なのです。使わないからと言って、手放すのも惜しいくらいコンパクトで機動性に優れた望遠鏡でもあります。おそらく、個人で観測室を持たずに所有出来る、現実的な最大口径の望遠鏡でしょう。アル・ナグラーの言う、「最もすぐれた望遠鏡とは、最もよく使う望遠鏡です」と言う言葉の重みが、市街地、それもベランダでの観望を余儀なくされている現在、非常に良くわかります。悔しい事に、私にとっての「最もすぐれた望遠鏡」は口径が10センチにも満たない、小口径望遠鏡なのです。

|

« カメラ三脚の運搬 | トップページ | 双眼装置の誘惑 »

望遠鏡(本体)」カテゴリの記事

コメント

ハットリさん、初めまして。
いつもブログを拝見しております。  実は私もNinja320を使用していますが、DEEP SKYと共にこれで見る月や惑星が大好きです。   写真を止めた後Ninjaを入手して実際に使用してみると簡単に設置、撤収が出来るのでサブ機より稼働率が高いくらいです。  32センチあれば温度順応に時間はかかりますが、それを差し引いても良く見えますからどうしても月等を見てしまいます。
Ninjaの鏡は大変良いものが使われていますから、自宅でもメインで使われては如何ですか?  双眼装置があれば月はさらに楽しめますよ。  

投稿: パルサ~ | 2008年5月31日 (土) 12時30分

パルサーさん、初めまして。
Ninja320でみる月面、確かに凄いです。双眼装置なんかつけたらもっと楽しいのでは?と思うのですが、実は自宅がマンションの6階。観望は真南向きのベランダでの観望になるのですが、頭上には上の階のベランダがあり、目の前には手摺があるので、思った程月面観望が出来ないんですよ。悲しいですね。小口径屈折だと、かろうじてベランダの手摺ぎりぎりまで移動しての観望とかが出来るのですけれど。星雲星団観望も、見える範囲は赤緯0度から-30度くらいまでで、それも南中する前後の時期だけ。でも、オリオンとかM22, M8, M20, M4などは楽しんでます。パルサーさんは、自宅から月が観望出来る時期が長いのでしょうか?だとしたら、羨ましいですね。ルーフバルコニーでも有れば最高なのですけど・・・・・

投稿: ハットリ | 2008年5月31日 (土) 14時25分

ハットリさんこんにちは。
ベランダから見える範囲がかなり限られているようでNinjaを設置するのも中々難しそうですが、これから木星は十分楽しめそうですね。
私はと言いますと、自宅からは幸い東~南は視界が割と良いので月等かなり長時間見ることが出来ます。
空は明るく3等星がやっとですが、それでもNinjaで海王星の衛星トリトンや3C273 が見えたのには自分で驚いています。

投稿: パルサ~ | 2008年6月 1日 (日) 18時19分

パルサーさん、こんばんは。
そうなんです、ベランダだと、鏡筒の角度で手摺と干渉するので、架台ごと前後しないといけなかったり、結構大変なんですよ。自宅で視界が開けているのは羨ましい!木星などは見えます。土星は全くだめ。3C273、恒星と同じなので見やすいですよね。私も昔、姫路の近く、西はりま付近で見ました。20億年前の過去が見えるなんて感動ですよね。深宇宙観望の醍醐味が味わえるのは、大口径のドブならではです。これからは、出来るだけ、ベランダでもNinjaを使うようにします。

投稿: ハットリ | 2008年6月 1日 (日) 19時06分

ハットリさん,こんにちは atoyan です.

せっかくの大口径望遠鏡,実力を発揮できる機会が少ないのは残念ですね.

それにしても,時期を見てというか,腹を決めて,ここぞというときに,富士山とか伊豆あたり出張って,その見え味を堪能されてはいかがですか.

たとえば,富士山の太郎坊あたりでも,口径 20cm あると,遠方の銀河が面白いように見えますので,口径 30cm であれば,その見え方はすばらしいでしょう.

そのときは,自分も参加させてください.

投稿: atoyan | 2008年6月 6日 (金) 08時30分

atoyanさん、こんにちは。
富士山、いつか行きたいですね。新五合目はなかなか大変そうなので、とりあえずは太郎坊に行きたいです。この夏は是非観望に行きたいところですが、結局毎年仕事の都合で行けなくなってしまってます。

「時間が有る時には機材が無く、機材が有る時には時間が無い」

という天文のジンクス、まさに当たってます。

投稿: ハットリ | 2008年6月 6日 (金) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ninja320の行く末:

« カメラ三脚の運搬 | トップページ | 双眼装置の誘惑 »