« Macmini | トップページ | XEphem 3.7.3 »

2008年4月18日 (金)

Sky&Telescopeの付録

Sky&Telescopeの5月号に面白いオマケが付いてました。この号には「宇宙最古の光を解読する」という記事があるのですが、そこで紹介されているWMAP(Wilkinson Microwave Anisotropy Probe)とCOBE(Cosmic Background Explorer)という二つの宇宙背景放射探査衛星の観測結果のポストカード(NASAの提供)です。懐かしいレンチキュラー方式のポストカードで、傾けるとWMAPとCOBEの観測結果が交互に見えるという具合。記事は結構高度な内容ですが、COBEに比べ35倍も分解能が向上したWMAPでは、背景放射2.725 Kに対してプラスマイナス0.0002 Kの揺らぎ検出できているそうです(それがカードの赤と青に対応)。これは、ビッグバンから僅か38万年後の情報との事。星が誕生し始めたのが、ビッグバンから4億年後頃らしいので、本当に初期の宇宙の情報を解読している訳ですね。Cobe_2
Wmap_3

|

« Macmini | トップページ | XEphem 3.7.3 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sky&Telescopeの付録:

« Macmini | トップページ | XEphem 3.7.3 »