« プラスチック接眼レンズ | トップページ | Macmini »

2008年4月 8日 (火)

天文ガイド(天文ファンの高齢化?)

日本でメジャーな天文雑誌と言えば「天文ガイド」と「星ナビ」でしょう。昨日、10年ぶり位で天文ガイドを購入しました。中身に関してはともかく、これが現状なんだな〜と思ったのが読者の天体写真のコーナー。次の数字は何だと思いますか?Tg

2008年5月号
44, 39, 42, 31, 59, 44, 57, 58, 43, 61, 49, 39, 48, 43, 56, 39, 46, 21, 61, 39, 33, 30
60代2名、50代4名、40代8名、30代7名、20代1名。10代0、不明1名

と書けば判りますね?そう、天体写真のコーナーに掲載されている方の年齢です。ちょうど手元に有った1991年と1992年の天文ガイドでも調べてみました。当然ですが、1991,2年にはデジタル写真はゼロです。

1991年7月号
36, 37, 34, 33, 34, 39, 47, 39, 38, 28, 38, 36, 35, 39, 33, 42, 30, 31, 30, 36, 30, 31
60代0名、50代0名、40代2名、30代20名、20代0名、10代0名、不明1名。

1992年5月号
39, 39, 37, 36, 33, 31, 38, 32, 38, 26, 36, 42, 31, 26, 35, 34, 27, 33, 37, 36, 31, 41, 31, 39, 37, 42, 32,
60代0名、50代0名、40代3名、30代21名、20代3名、10代0名、不明1名。

驚く事に、30代が実に入選者の8〜9割近くを占めています。3巻だけのデータですし天体写真の入選者だけのデータですが、それでも驚きました。1991,2年は30代が中心だったのに、2008年では40代以上へと分散しています。高齢化が顕著ですね。あと10年経ったらどうなるのでしょうか?
実家には私が大学時代(1975〜1984年頃)の天文ガイドがあります。当時は私ですら入選した事が何度もありますから10代、20代の方も多かったハズ。1991年で既に10代、20代は全滅状態。雑誌に入選するには、社会人しか購入出来ない機材が必要になっていたという事ではないでしょうか。現在は、さらに財力のある中高年の方しか、雑誌の天体写真コーナーには応募出来ないのでしょうね。昨日購入した天文ガイドの広告の多くは、確かにそんな写真向けの高額機材中心でした。でも、それで良いのでしょうか?

|

« プラスチック接眼レンズ | トップページ | Macmini »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ハットリさま はじめまして

天文ファンの高年齢化は、新たに天文ファンになる若い人が少ないことも原因ではないでしょうか?
以前活躍していた30代の方たちがそのまま歳をとっていき、先細りが目に見えるようです。子供たちの理科離れも一つの原因でしょうか?
天文ガイド誌は、純粋に宇宙に興味を抱いた人にとって必ずしも魅力のある雑誌とはとても思えません、
ただの趣味雑誌から一皮むけて、ある程度学術的なことも充実させ、中高生にもアピールできるものになってくれれば、と個人的には思います。

投稿: よしぼう | 2008年4月 9日 (水) 01時26分

よしぼうさん、初めまして。
よしぼうさんのおっしゃる通りで、若い天文ファンは激減していると感じます(これは世界的にも共通みたいですが)。夜に星をみるよりも、ゲーム画面か携帯画面を見る方が楽しいのでしょうね。それに、光害もひどいし、治安が悪くなって来ているのも事実。
天文ガイド誌の編集方針にはあえて何も言いませんが(長年購入してない理由はそこです)、月刊天文のような、真面目な雑誌が売れなかったのも事実。中高生の理科離れを食い止めるような、科学雑誌の類も少ないですね。「大人の科学」の購買層も、やはり天文ファンの年齢と一致しているように感じます。
天文に興味を持つ雑誌の編集者自体も高齢化し、だんだん居なくなって来ているのでしょうか?

投稿: ハットリ | 2008年4月 9日 (水) 09時24分

ハットリさま、はじめまして。
渡辺と申します。
お書きになられていること、本当にその通りで、機材の問題は非常に悩ましいですね。
最近、奥日光で撮影が一緒になる方々の機材は高額化の一途をたどっており、うらやましすぎて困ってしまいます(^^;
私が使っている機材は、学生の頃にバイトして購入したタカハシのシステム90です。
若い世代の方々は、やはり「本当の」星空を見る機会もほとんどないため、なかなかその魅力を理解していただけないのでしょうね。
蛇足ではありますが、年齢構成を調査された天文ガイドの、1992.5の26歳と2008.5の42歳は私です。
そのまんま高齢化ってな感じです。

投稿: ナベ | 2008年4月11日 (金) 01時16分

渡辺さん、初めまして。ハットリです。
渡辺さんのホームページの写真、拝見しました。素晴らしいです!自然の写真が特に素晴らしい。私も撮りたいですが、渡辺さんの様な才能がありません。

ところで、実は1991.7, 1992.5の天文ガイド、なぜ有るかと言うと、実は年齢を記載していないのですが、私の写真も両方に載っているんです。当時35歳と36歳でした。今の年齢はちょうど渡辺さん+10ですね。

天文の機材、高くなった物も有りますが、眼視用に限ると安くなった物も多いですよ。アポなどの屈折(中国などの製品)、大口径の反射(ドブですが)は安くなりました。でも、若年層の天文ファンが増えませんね。寂しい感じがします。

投稿: ハットリ | 2008年4月11日 (金) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天文ガイド(天文ファンの高齢化?):

« プラスチック接眼レンズ | トップページ | Macmini »