« Sky & Telescope誌 | トップページ | Nantucket Sleighride (Mountain) »

2008年3月29日 (土)

ミラー?いえフィルターです。

某ショップの掲示板で話題に登場した、観望用のルミコンUHC(Ultra High Contrast)フィルターは一見するとご覧のように鏡です。実際、目で見るとミラーそのものと言っても良いくらいです。購入した人は分かるのですが、カタログやネットの画像ではこのミラー状態の写真は見かけません。Uhc
なぜミラー状態になるかと言えば、このフィルター、OIIIとHβ以外の波長の光はほとんど反射するからです。勿論、観望の時は、これらの輝線スペクトルのみを通してくれるので、輝線星雲が見事に浮かび上がる訳ですが、逆に接眼レンズからの入射光はこの写真の様なミラー状態のフィルタ面で反射し、目に入ってしまうので観望の妨げになります。市街地観望では非常に有り難いフィルターなのですが、この特性を知らないと明るい庭先などでの観望では逆に視野が光って良く見えなくなります。UHCやOIIIフィルターを使って、市街地で観望する時には、黒い布を頭から被って接眼レンズからの光を極力カットしましょう。

|

« Sky & Telescope誌 | トップページ | Nantucket Sleighride (Mountain) »

望遠鏡(周辺機器)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラー?いえフィルターです。:

« Sky & Telescope誌 | トップページ | Nantucket Sleighride (Mountain) »