2021年7月15日 (木)

SVBONYのUF18mm

以前からSVBONYのUW20mm(見かけ視界66度)をつかっています。アイレリーフは長く覗きやすいですし、何よりも価格が安くコスパが良いのですが、少しだけ不満が。それは視野中心から50%を越した付近から像が崩れ始めることです。実際は、視野中央で対象を捉えるので、問題ではないのですが、もう少し像が崩れないでほしいという感じがしていました。そうしていたら、同じSVBONYからUF18mmが出ました。UFとはUltra Flat Fieldの略で、視野周辺まで像の平坦さが保たれて居るという意味で、見かけ視界は65度と、ほぼUW20mmと同じです。SV406Pで使う可能性も有るので、早速Amazonから購入してみました。

Uf18mm

左がUF18mmで右がUW20mmです。UW20mmに比べると、かなり大きめです。85mmの米国製F7アポで、実際にのぞいて比較してみたのですが、明らかに差が有りました。まず、糸巻き型の像の湾曲がUW20mmと比べると、UF18mmでは低減されています。また像の崩れも少なくなっており、視野の70%位までは、ほとんど像の劣化が有りません。流石にそれ以上になると少しづつ像の劣化が始まりますが、視野の90%まではUW20mmの視野60%付近の像に感じます。UF18mmはUW20mmの2倍ちょっとの価格ですが、国際光器で販売されているAPMブランドのUF18mm(見た目も仕様もSVBONYとほとんど同じ・・)の半額以下ですので、コスパは良いと思います。8,000円しませんので、完璧な視野の平坦性を求めないのであれば、このアイピースは買いだと思います。

| | コメント (0)

2020年12月 3日 (木)

中国製のフィールドスコープ SVBONY製SV406P

最近、中国のSVBONY社製のフィールドスコープSV406Pを購入しました。口径は80mmでEDレンズ使用、価格は39,980円と破格とも言えます。このスコープは20倍から60倍のズーム接眼レンズが付属していますが、アメリカンサイズのスリーブなので、焦点が合いさえすれば、普通の望遠鏡用の接眼レンズが使えます。逆に、ズームレンズも望遠鏡で使えます。

性能ですが、付属ズームレンズの60倍でも青ハロは見えず優秀だと感じます。ズームレンズの視野は、20倍で約40度、60倍で約68度と(仕様から計算)、低倍率ではやや狭いのですが、接眼レンズを交換せずに星雲や星団をズームでアップできるので、お気楽観望には便利です。ただ、アイポイントの位置がやや微妙で、そこを外すと像が乱れます。でも、4万円弱でこの性能ですから、コストパフォーマンスは良好だと思います。メーカーの担当者の方(中国の方ですが、日本語で対応してくれます)も親切ですよ。

Sv406p

| | コメント (0)

2018年11月26日 (月)

ダハ双眼鏡用三脚アダプタ

ダハタイプのニコン双眼鏡を2台(口径20ミリと32ミリ)持っているのですが、三脚取り付けアダプタ用のネジ穴が有りません。多分、多くのダハタイプの双眼鏡はそうだと思いますが、じっくりと見たい場合には三脚に固定したくなります。で、ダハ双眼鏡用のアダプタを購入しました。一つはベルボン、もう一つはケンコー製です。まず、ベルボンのアダプタ。
Verbon
これは小型、それも口径が25ミリ以下程度の双眼鏡用で、ベルクロの付いたベルトで固定するタイプです。試しに32ミリを載せようとしたのですが無理でした。載せられなくなないのですが、結構厳しいです。で、こちらはケンコーのSNAPZOOMと言う商品。
Kenko
こちらだと32ミリはご覧の様に余裕で載ります。こちらは、双眼鏡のサイズに合わせてベルクロの付いたテープで調整し、テープの片端に付いたゴムバンドをアダプタのフックに引っ掛けるタイプです。ゴムバンドの部分はこんな感じです。
Kenko2
ところが、このゴムバンド、短いうえに結構伸びないのです。商品の写真だと、もう少しゴムバンドが長いのですが、実際の製品ではちょっと短い。ですので、強く引っ張ってもほとんど伸びてくれません。取り付けは可能ですが、もう少しゴムバンドが長くても良いと思いますね。個体差なのかとは思いますが、改良の余地ありでしょう。購入される方は、その点、ちょっと注意して下さい。25ミリまでなら、ベルボンがオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

テレビューのGPアダプターを使いやすく

TV-85をF2経緯台(現TV経緯台)にて私用していますが、たまにビクセンのGP-2赤道儀で使うことがあります。そのために、テレビューのGPアダプターを購入して使ってます。これがGPアダプターです。
Adaptor1
左のネジは、GPアダプターを着けた状態で、F2経緯台に固定するためのネジです。このネジをF2経緯台の底板の穴から差し込み、アダプタにある雌ネジにねじ込むのですが、これが結構難しい。というのも、アダプタを付けた鏡筒をF2経緯台の底板に載せても、その位置が定まらないのです。で、ネジを差し込んでも、アダプタにある雌ネジに合わせるのが至難の技。それで、通常のTV鏡筒のF2経緯台への固定方法を真似ることにしました。そのために購入したのが、このユニファイネジ。1/4-inchのネジです。
Screw
下のネジは、TV鏡筒に初めからついている1/4のユニファイネジ。上が、購入した長さ1 inchの同じ規格のネジ。付属のネジだと、ちょっと短めなので、やや長めの1 inchのネジを購入した次第。このネジの頭は六角レンチが入るようになっています。で、これをGPアダプタにねじ込めば、通常のTV鏡筒と同じようにF2経緯台に固定が容易に出来ます。つまり、こんな感じで、鏡筒付属のつまみを下からねじ込むのです。
Adaptor2
これで、アダプタを付けたままの鏡筒をF2経緯台に固定するのが簡単になりました。GPアダプタには、この1 inchのネジを付属させて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

電池変換アダプタとリチウム電池

夜の観測ではヘッドライト(Primus PrimeLite Adventure)を使っています。このライト、すでに販売終了みたいですが、砲弾型の白と赤のLED、高輝度の白色LEDが組み合わせてあり、何かと便利なのです。ただ、単三電池三本仕様なので、ヘッドバンドに電池ケースを固定すると、結構重いのです。NiMHの単三、単四、それとリチウム単四電池の重さを比較してみました。

Nimh1_2
左から、単三NiMH、単四LiMH、そしてリチウム単四電池で、重さは、それぞれ78g、35g 、そして22gです。単四NiMHにすれば、重さは半分。さらにリチウム単四電池にすれば、ほぼ4分の1になります。これで重さの問題が解決できます。で、単四電池を単三に変換するアダプタに入れると、こんな感じになります。

Nimh2
もちろん、電池容量は減ると思いますが(リチウム電池の容量は、流す電流に依存するらしいので、単純比較は出来ませんが)、頭への負担はかなり低減されました。リチウムですので、低温にも強いので、冬の観測でも問題が生じにくいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

ひどいね前川喜平元事務次官

辞めてから教科書批判とかしだすこの人、最悪ですね。どうして文科省在職中に批判しないのでしょう?だって、事務方のトップだったのですよ!要するに、甘い汁を吸うだけ吸って、お腹一杯にして、辞めてから批判しているだけです。最低の公務員だった訳です。どうしてこんな人物をヨイショする人たちが居るのでしょうか?謎です。「面従腹背」が座右の銘だそうですから、仕方が無いか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

単4電池を単3電池に

普段は充電式電池(パナソニックのエネループ)の単3と単4を使っているのですが、単4を単3として使えると、非常時などには便利だと思っていました。で、ネットで見つけたのがこのアダプターです。

Adaptor1
楽天のスタンダードというお店で取り扱ってました。6個で送料込みで299円でした。安いですね。電池を入れるとこんな感じになります。

Adaptor2
安いので、あまり期待はしていなかったのですが、これが意外に使えます。プラスチックも結構しっかりしていますので、耐久性もあるのではないでしょうか?電池とこのアダプタの金属端子の接触はどうなのかな?と疑問だったのですが、これも問題ありませんでした。

プラス端子の金属が多少緩めで電池を入れてもカタカタ音がするため、使えるの?と最初は思いました。が、これを単3の電池ホルダーに入れると、ホルダーのバネ(大抵は電池を押さえつけますよね?)に押されて内部の単4電池としっかり接触するのです。  テレビのリモコン、電池式のラジオ、小型のLEDライト(高輝度でない、普通のタイプ)などで使えそうです。ただ、この状態で単3の充電器には入れない方が良いでしょう。充電電流が単4だと過大電流になる可能性があるからです。その点は注意が必要かな?安くて便利なアダプターだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

ファインダーのアイシェード

以前、接眼部にアイシェードを作ったのですが、今回は、ファインダーにアイシェードを作ってみました。

オライオンのVX6鏡筒を使っているのですが、この鏡筒に付属のファインダーは、良く有る50ミリ8倍タイプ。で、接眼部はこんな感じです。

Finderwithout
よく見るとわかりますが、接眼部は細くなっており、町中、特にベランダ観望などでは、周囲の光が入り込んでしまい。ファインダーの視野絞りすら、見えない状態になってしまいます。特に、暗い星を使って目的の天体を導入する場合には、本当に苦労します。で、接眼部にも、アイシェードを作って見ました。こんな感じです。

Finderwith
使ったのは、トイレットペーパーの芯と遮光紙。接眼部の外形に合わせて、遮光紙を貼ったトイレットペーパーの芯(切り開いて、その曲線をそのまま使っています)に穴を開けて遮光部とし、あとは接眼部の外形に有ったサポート円筒をこの遮光部にくっつけただけ。最初に試作した遮光部の上下が短かったので、後で上下に遮光紙を貼った芯を貼付けて有ります。右目が効き目なので、接眼部の穴は左寄りに開けてあります。これだけですが、このシェード無しに比べて、ファインダーの視野がかなり見易くなりました。少なくとも、マンションのライトとか街灯とか、余計な光源がシェードで遮られるので、煩わしさが低減されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

安倍総理の施政方針演説

簡潔に・・
安倍総理の施政方針演説を聞いて、言外に「韓国は相手にしていませんよ」という意図を感じたのは私だけでしょうか?中国とは尖閣などで対立しているのに、関係改善を呼びかけていましたね。韓国には一言も触れず。それにしても、野党は相変わらず「働き方&スパ」とか「もり・かけ・スパ」を追求するとか、平和な事を言っています。まるで、芸能週刊誌並み。なんだかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

迷走韓国(暴走する文在寅大統領?)

いや、韓国国民が気の毒ですね。文在寅大統領の親北政策には驚きます。オリンピックの開催国なのに、自国の国旗を掲げず、しかも、注目を集めているのは北朝鮮のスキー場とか、芸術団。北朝鮮のスキー場で公式練習?アイスホッケーチームには、いきなり北朝鮮の選手が合流?美女軍団の芸術団公演?見事に、北朝鮮に利用されてますね。ま、以前書いたように、いずれ、朝鮮民族特別区が出来るのでしょうか?ドイツが統一して、旧西ドイツが東ドイツの経済支援で苦労してましたが、まだ西ドイツの経済力が強かったから良いようなものの、今の韓国の経済力では、北朝鮮の経済を肩代わりするのは、自滅に等しいでしょう。

それはさておいても、ここまで国民の意見を聞かずに、自分の理念(正しいかは別です)で勝手に決めるのはどうなんでしょう。世界の注目を浴びたいのでしょうが、笑い者になるだけの様な気がします。しばらくは韓国の、この素晴らしい政策を傍観させてもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«賢い北朝鮮と○○な韓国